【注意!】賃貸のフローリング床を「傷だらけ」にしてしまった時の対処法

賃貸物件の傷だらけのフローリングと壁

賃貸のフローリング床を「傷だらけ」にしてしまった時って退去時のトラブルが心配ですよね。

引越しの時や家具を動かした時に、うっかりと賃貸中のお部屋のフローリングに傷や凹みをつけてしまうことって誰でもありますよね。

特にペットを飼っていたり、小さなお子様のいるご家庭だと特に多いと思います。

  • フローリングにすごい傷をつけてしまった
  • 退去時にすごいお金を取られるのかな・・・
  • フローリングの傷って修理しないといけないの?

こういった心配や疑問を今回は解決していきたいと思います。

賃貸のフローリング床を傷だらけにするとどうなる?

もし、賃貸のフローリング床を傷だらけにしてしまった場合は、退去時に大きな請求をされるのか・・

結論から言うと、大家さん・管理会社の判断になります。

日常使用の範囲でついたような小さな傷や経年劣化で防ぎようのないヒビ割れ等は、退去時に問題となることがありません。

しかし、フローリングが傷だらけになっているとしたら、明らかに日常利用の範ちゅうを超えていますので、原状回復(入居時と同じ状態に戻す)義務が賃貸物件の借主に発生するのです。

ただ、大家さんや管理会社の担当者によっては、「元々フローリング交換の予定だったから気にしなくて良いよ」って言って頂けることもあるので、大家さん・管理会社の判断が重要となってきます。

敷金から引かれるケース

フローリング床を傷だらけにした場合、通常は入居時に支払った敷金から引かれることになります。

敷金は本来、賃貸物件を退去する時に大家さんから返金して貰えるお金になるのですが、原状回復にかかる費用が発生した場合は、敷金から補填したうえで残ったお金を返して貰えることになります。

例えば、入居時に10万円の敷金を支払った人で、大家さんがフローリング床のリフォーム会社に見積もりを出して7万円必要と分かった場合は、3万円が返ってくるのです。

敷金より多く請求されるケース

先ほど、お話しした例を使うと、入居時10万円の敷金を支払ったのに退去時のフローリング床のリフォーム費用が15万円かかると判明し、大家さんから不足分の5万円を請求された場合のケースです。

「敷金の中でリフォーム代納まるように上手いことやっといて」とおっしゃる方もいますが、支払う義務があります。

また、入居時に不動産仲介の営業マンに、初期費用を抑えるための営業トークに乗って0円にして貰った方は、退去時に原状回復費用を請求されてしまう可能性があります。

【悪徳不動産】過大請求されるケース

一番、注意が必要なのが賃貸物件を退去する時に過大請求をする悪徳不動産業者です。

ここで、不動産屋さんの裏話になりますが、不動産を管理している管理会社・不動産会社は、大家さんから管理料を月数千円受け取っています。

月3000円だとしても、1年で3万6千円の売上にしかなりません。

しかし、退去時に現状回復費用をあなたに10万円分過大に請求してしまえば約3年分の売上を上げることができるのです。

こういった考えをしている不動産屋さんは残念ながら多いため、実際は5万円くらいで済む現状回復にかかるリフォーム費用を15万円に改ざんして請求してくるのです。

過大請求の予防策としては、自分でも簡単な見積もりをとっておくことしかありません。

また、明らかに現状回復を超える範ちゅうのリフォーム費を請求してきていないかは、リフォーム会社の請求書を提示するように言いましょう。

賃貸のフローリング床を傷だらけにした時の対処法

もし、賃貸中のお部屋のフローリングを傷だらけにしてしまったのであれば、できる限りの範囲では自身で綺麗しましょう。

最近は市販のフローリング補修材もプロのように綺麗に仕上がる事が多いので、試してみる価値はあります。

傷隠しマーカーで綺麗にする

猫や犬のひっかき傷のような細かい傷の場合は、表面の色が少し剥げているだけですので、傷隠し用のマーカーで表面を塗るだけで大きく印象が変わってきます。

そして、こちらの商品だとクレヨンとマーカーのセットになっているため、少し深みのある傷であればクレヨンが間に詰まって凹凸も分かりにくくなります。

もし、こちらのクレヨンでも傷の凹凸が気になる場合は、傷隠し用のパテを詰めたうえでマーカーで色塗りをした方が良いです。

傷隠しマーカー(Amazon)

イージーリペアキットで補修する

万が一、傷隠しマーカーを使用しても、一目で分かる程の凹凸がフローリングにできてしまっているのであれば、イージーリペアキットがおすすめです。

Amazonの商品ページにある紹介動画を見て頂ければ早いのですが、大きな凹みも分からないくらい綺麗に埋めることができます。

手間は多少かかりますが、大抵の傷はイージーリペアキットによって隠すことができます。

イージーリペアキット(Amazon)

ワックスで輝かせる

フローリング用のワックスをかけると、小さな傷は目立たなくなり、場合によっては新品のように見違えるようになります。

先ほどご紹介した「傷隠しマーカー」や「イージーリペアキット」を使用した後に、ワックスがけをしても良いでしょう。

ただ、フローリング用のワックスはしっぱいするとムラが出てしまいますので、薄くムラないように3回程重ね塗りするように意識してやってみてください。

リンレイ フローリング用ワックス(Amazon)

あまりにもひどい傷の場合は正直に相談しよう

あまりにもひどい傷を賃貸中のお部屋のフローリングにつけてしまった場合は、正直に不動産屋さんに相談してみましょう。

電話やメール等で事前に不動産屋さんに相談した段階で、多額の請求をしてきそうであれば、自身でリフォーム会社に見積もりをとってください。

そこのリフォーム会社に頼む・頼まないは別としても、費用の目安を知っていることで多額の請求をされそうになった時に自分の身を守ることができます。

それでも、言いくるめられている様でおかしいなと思った場合は、国土交通省が「現状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を出しておりますので、そちらをご参照のうえ消費者生活センターや宅建協会にご相談してみるのも一つの手でしょう。

新しいお部屋での楽しい生活を送れるように、退去時のトラブルに見舞われないように気を付けましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です