ラク賃不動産は大阪のお部屋探し・賃貸の仲介手数料0円!

【結果発表】賃貸サイト32社を一覧比較した結果『おすすめ』は?

賃貸サイト32社比較ランキング

これからお部屋探しをするという時に、一番最初に見るのが賃貸サイトですよね。

SUUMOとかathome・ホームズ等で、住みたいエリアの名前を選んで、間取りや広さ等の条件を入れて、安い順に見たりできて便利ですよね。

でも、賃貸サイトってgoo不動産とかYahoo不動産とかもあるし、沢山ありすぎて何が違うのか分からなくなります。

正直、不動産屋さんでもどのサイトが何に強みがあるのか分かっていない人は多いです。

今回は、賃貸サイトやポータルサイトの違いを比較し、おすすめのお部屋探しの方法をお伝えします。

賃貸サイトの違い

賃貸サイトは大きく分けると2種類あるってご存知でしょうか?

賃貸サイトと一言で言うと、SUUMO(スーモ)やLIFULL HOME’S(ホームズ)を連想する人もいれば、アパマンショップやミニミニを連想する人もいるでしょう。

でも実は、大きく分けるとポータルサイトと自社サイトの2つの種類があるのはご存知でしょうか。

ポータルサイトとは?

賃貸サイトとポータルサイトの違い

みんなが呼んでいる「賃貸サイト」というのは「ポータルサイト」を指している事が多いです。

ポータルサイトというのは、色んな不動産会社が管理している賃貸物件や自社保有している賃貸物件を掲載しているサイトを指します。

よくテレビCMでも見る事が多い、SUUMO(スーモ)やLIFULL HOME’S(ホームズ)・athome(アットホーム)はポータルサイトになっております。
なので、勘違いされる方がたまにいらっしゃるのですが、SUUMO(スーモ)に掲載している賃貸物件に電話して問合せて、SUUMO(スーモ)の人に物件の内見をお願いしている訳ではなく、その物件を紹介している不動産会社に電話を行っていることになります。

ポータルサイトを使うメリットとしては、何と言っても物件数の豊富さでしょう。
地元の不動産会社から大手フランチャイズの不動産会社までが、ポータルサイトに物件を掲載しておりますので、その分物件数は多くなります。

デメリットとしては、色んな不動産会社が賃貸物件を掲載しているので、おとり物件を掲載している会社がいたり、問い合わせる会社によっては対応が悪かったりと、様々な会社がポータルサイトに紛れ込んでいるということです。

自社サイトとは?

自社サイトと賃貸サイトの違い

自社サイトとは、フランチャイズや不動産会社が自社で管理している賃貸物件や自社が保有している賃貸物件を紹介しているサイトになります。

駅前でよく目にするアパマンショップやエイブル、センチュリー21などは自社で賃貸サイトを運営しておりますので、ネット上でそのお店が扱っている賃貸物件を確認することができます。

注意として必要なのが、CMで見かける不動産会社はフランチャイズ展開であることが多いため、みんな「〇〇〇 梅田店、〇〇〇 なんば店」と名前が一緒なので同じ会社に見えますが、店舗ごとに運営している会社が異なります。
店舗ごとに若干社風や雰囲気が異なったりすることもありますので、全ての店舗が同じ対応してくれるとは限らないでしょう。

メリットとしては、地元の不動産会社が運営する賃貸サイトであれば、ポータルサイトには載っていない物件が見つかることがあります。
また、不動産会社が自社で運営する会社では信用を落としたくないので、おとり物件などの釣り物件が掲載されている可能性は低いでしょう。

また、自社サイトのデメリットは、物件数がポータルサイトと比べると少ないことが多いという点です。

賃貸サイトの32社の物件数をランキング化

賃貸物件を探す時、色んな物件の中から選びたいと思う人が多いでしょう。

今回は、ポータルサイトと不動産会社の自社運営サイトを含めた賃貸サイト32社分を、物件数で比較いたしました。

全ての物件数を公表していない賃貸サイトもありましたので、今回は「賃貸物件」・「大阪メトロ 梅田駅」という条件で物件数をランキング化しました。

NO サイト名 サイト区分 梅田駅周辺の物件数 備考
1 goo不動産 ポータルサイト 21,823
2 LIFULL HOME’S ポータルサイト 12,594
3 akibaco ポータルサイト 8,709
4 SUUMO ポータルサイト 6,643 リクルートが運営
5 Yahoo!不動産 ポータルサイト 6,170
6 スマイティ ポータルサイト 4,222 カカクコムが運営元
7 ニフティ不動産 ポータルサイト 2,812
8 キャッシュバック賃貸 ポータルサイト 2,686
9 ミニミニ 自社サイト 2,619 ミニミニが運営
10 いえらぶ ポータルサイト 2,474
11 アパマンショップ 自社サイト 2,302 アパマンショップが運営
12 賃貸スタイル ポータルサイト 2,164
13 athome ポータルサイト 1,905
14 くらさぽ ポータルサイト 957
15 センチュリー21 自社サイト 757
16 DOOR賃貸 ポータルサイト 677
17 スモッカ ポータルサイト 509
18 スマホでCHINTAI 自社サイト 300 エイブルの親会社が運営
19 エイブル 自社サイト 243
20 ホームメイト 自社サイト 241 東建コーポレーションが運営
21 goodroom 自社サイト 165 自社リノベ物件の紹介
22 いい部屋ネット 自社サイト 78
23 オウチーノ ポータルサイト 72 物件データ提供にLIFULL HOME’Sが多い
24 レオパレス21 自社サイト 69
25 ピタットハウス 自社サイト 16
26 賃貸住宅D-room 自社サイト 9 大和ハウスグループの物件紹介
27 ウチコミ 大家マッチング 9
28 MAST 自社サイト 0 積水ハウスグループの物件紹介
29 ハウスコム 自社サイト 0
30 マイナビ賃貸 ポータルサイト 2019年10月1日にサービス終了
31 暮らしコンシェル ポータルサイト 2017年5月31日にサービス終了
32 ノマド(nomad) 自社サイト サービス終了
合計 81,225

やはり、TOP8位まではポータルサイトが物件数で独占していますね。

9位のミニミニさんや11位のアパマンショップさんはフランチャイズ大手というだけあって物件数が梅田駅近辺だけで2000件以上もあります。

しかし、goo不動産やLIFULL HOME’S(ライフルホームズ)が物件数では圧倒的に多いですね。

賃貸サイトの違いを比較

物件数の違いをランキング形式でご紹介しましたが、全く同じ賃貸サイトを各社が運営している訳ではありません。

それぞれ、可愛いデザインやサービスの違い・条件が異なったりと各社の特色を出して競い合っております。

大きく分けると3つの違いがありますので、それぞれご紹介します。

物件数が多いと良いとは限らない

各賃貸サイトの物件数をランキング形式でご紹介しておきながら、言いにくいことではありますが、賃貸サイトは物件数が多く見えるだけで実質の物件数は異なる場合があります。

例えば、同じ物件をA不動産もB不動産・C不動産…と各社がポータルサイトに掲載していた場合、1つの賃貸物件なのに掲載数は10件とカウントされることがあります。

また、A不動産がおとり物件を100件も掲載していれば、物件数は多く見えても実在しない物件が豊富に紹介されているだけになってしまいます。

大手のポータルサイトはおとり物件への取り締まりを厳しくしてきておりますので、最近では少なくなってきているものの、まだまだ根強くおとり物件だけで集客している不動産会社がいるのは事実です。

なので、一見すると物件数が多い様に見えるだけでも、全然物件数が多くない場合があるので注意が必要です。

見やすいデザインを選ぼう

賃貸サイトのおしゃれなデザイン

各社の賃貸サイトは、おしゃれで見やすくデザインをされておりますが、これだけは個人差があると思います。

それぞれの賃貸サイトでは、「新着」や「値下げ」マークがあったりしますので、使いやすいと思えるものを使用した方が良いでしょう。

また、一覧がおしゃれに見えていても物件詳細の情報が見にくかったり、情報がどこにあるのか整理されていなかったりとする場合もありますので、自分にとって見やすいデザインの賃貸サイトを選びましょう。

こだわり条件などの検索条件を確認

賃貸サイトのこだわり条件

家を探すときに「エリア」・「間取り」・「広さ」だけでなく、こだわりの条件がある人は自分の条件が選べるか事前に確認しましょう。

こだわり条件として人気の条件は、「トイレ・バス別」・「宅配ボックス」・「ウォークインクローゼット」等があげられます。

一つ一つの物件が自分のこだわり条件と合致しているか確認していくと日が暮れてしまいますので、自分のこだわり条件がある賃貸サイトを選ぶと良いでしょう。

人気の賃貸サイトの特徴

やはり、テレビCM等でよく見たり、友人や同僚が使っている賃貸サイトは沢山ありますが、どれにどんな特徴があるのでしょうか。

SUUMO(スーモ)の特徴

賃貸サイト比較スーモ

何と言ってもスーモくんのCMでおなじみのスーモ!

リクルートが運営している安心感を持っている方も多いのではないでしょうか。

LIFULL HOME’S(ホームズ)の特徴

賃貸サイト比較ホームズ

ホームズは物件数がとにかく豊富です。

また、ハッシュタグで検索できるという機能がありますので、SNS感覚でお部屋選びができるのは魅力的ではないでしょうか。

athome(アットホーム)の特徴

「藤田ニコル」さんや「ウォーリーを探せ」を用いたテレビCMでお馴染みのアットホームは、物件サイトとして見やすいなと個人的に感じます。

スマイティの特徴

賃貸サイト比較スマイティ

スマイティはポータルサイトをまとめているようなサイトなので、物件数が豊富です。

しかし、複数のポータルサイトから情報を取ってきているので、同じ物件が複数件あったりする場合もあるみたいです。

キャッシュバック賃貸の特徴

賃貸サイト比較キャッシュバック賃貸

キャッシュバック賃貸というパワーワードで運営されております。

5000円~10000円前後のキャッシュバック物件が多いように見えますが、自分の気に入った条件で高額キャッシュバックの物件があれば良いかもしれませんね。

キャッシュバックより、仲介手数料を無料にしてほしいという方には不向きな可能性があります。

結論、賃貸サイトはどこがオススメか

賃貸サイトが複数ありますが、物件を検索するためのツールなので複数を使ってみて使いやすいものを選ぶのが一番でしょう。

基本的に、賃貸物件はどの不動産屋さんでも紹介することができますので、友人や知り合いの信頼できる不動産屋さんに、賃貸サイトで見つけて気になった物件を見せてもらっても良いかもしれませんね。

引越し前のお部屋探しって楽しいですよね!

ラク賃不動産について

私達、「ラク賃不動産」は大阪に本社を置き、
大阪府・兵庫県・京都府の賃貸物件をご紹介する不動産会社です。

ラク賃不動産のご紹介

「お部屋探しは楽しい」をモットーに
どうやったらお客様が安心して、ラクにお部屋探しができるか、
もっと楽しくできないかを常に考えているユニークな会社です。

通常の不動産会社は管理物件・大家さん主義ですが、
弊社は常にお客様第一主義で運営しております。

広告費(大手賃貸サイトへの高額な掲載費用)や
路面店舗の高額な家賃・光熱費を削減し、
大家さんからの手数料収入だけで運営することにより
お客様の仲介手数料0円でサービスを提供しております。

ご提供できるサービス

ラク賃不動産のサービス

  1. LINEで物件提案から賃貸物件のアドバイス
  2. 大手賃貸サイトの物件をお持込み頂くことも可能です
  3. なかなか見つからない条件の物件が出たらご連絡
  4. 早朝・夜遅くの物件案内や契約
  5. 他社でお見積り済み物件の比較見積もり
  6. 仕事の合間時間や仕事終わりに出張契約
  7. お引越し先のライフライン(電気・ガス・水道)手配
  8. お引越し業者の手配
  9. 新生活における防犯でのテクニック
  10. その他できる限りのことを行います

上記に無いようなお困りごとでも、わたしたちは大阪府知事より不動産業の免許を取得している会社ですので、不動産のことであれば何でも可能な限りご対応させていただきます。

「ラク賃不動産」というネーミングや「ラクちん君」というキャラクターは決してふざけているワケではなく、皆さまから親しんで頂けるような会社をめざしておりますので、お気軽にご相談・お声がけをお待ちしております。

楽しい新生活のために二人三脚でサポートさせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です